前立腺がん最新の記事

前立腺がんが増えている

最近の日本人のがんは、胃がんや子宮がんが少なくなり、代わって肺がんや大腸がんが増えています。とりわけ、前立腺がんはすごい伸び率で増えてきています。アメリカではすでに10年ほど前から、男性のがんの中で最も高い発生率となっています。

前立腺がんは早期発見、早期治療で完治できるがんです。初めに受ける検査も血液検査だけという簡便なものです。

おしっこが出にくいなどの症状がある方はもちろん、50歳を過ぎたら症状がなくても前立腺がんの検査を受けましょう。

前立腺がんの多くは、前立腺の被膜に近い尿道や膀胱から離れた場所に発生します。そのため、がんが進行してある程度腫瘍が大きくならないと、尿道や膀胱を圧迫しにくいので、前立腺肥大症ではしばしばおこる排尿障害が起きにくいのです。

前立腺がんの治療を効果的に行うためには症状が出る前にがんを発見することが非常に大切で、そのためには検診などで定期的にPSA検査を受けることがもっとも近道と言えます。

前立腺がんは1つのがん細胞ができてそれが増殖し、治療を要するようになるまでに一般的には40年近くかかるといわれています。つまり60歳を過ぎないとがんの症状が出てこないなど高齢者のがんと言われています。

 

 地震対策  メンズエステ  禁煙効果

前立腺がんについて

最近の日本人のがんは、胃がんや子宮がんが少なくなり、代わって肺がんや大腸がんが増えています。とりわけ、前立腺がんはすごい伸び率で増えてきています。アメリカではすでに10年ほど前から、男性のがんの中で最も高い発生率となっています。
カテゴリー
更新履歴
前立腺がんが増えている(2009年10月20日)
前立腺がんのPSA検査(2009年10月20日)
前立腺がんの治療(2009年10月20日)
前立腺がんの原因と予防(2009年10月20日)