Top > 前立腺がんの治療

前立腺がんの治療

前立腺がんの治療には外科的手術療法と免疫細胞療法があります。
前立腺がんの外科的手術療法では、前立腺全摘除術と精巣除去術があります。前立腺全摘除術は、がんを含めた前立腺、精嚢、リンパ節を取ってしまう方法です。精巣除去術は精巣(睾丸)を取ることによって体内で作られる男性ホルモンをなくそうとするもので「内分泌療法」にも含まれます。

前立腺がんを根本的に治す手術療法としては、前立腺全摘除術が行われます。前立腺全摘除術は全身麻酔をした上で、開腹して前立腺と精嚢を切除し、さらに膀胱と尿道をつなぎ合わせる手術です。手術時間は通常3~4時間程度で、2週間程度の入院が必要になります。体への負担が大きいため、高齢者や全身状態がよくない人には適応しません。全身状態が良好で、余命が10年以上見込める患者さんに行うべきと考えられています。

また、免疫細胞両方では、患者自身の血液を採取し、免疫細胞を培養、活性化増殖させ、点滴で本人に戻し、患者自身の免疫力を引き出します。副作用の心配もなく、標準治療との併用も可能ですし、相乗効果も期待できます。

 

 依存症  統合失調症  多重債務の解決方法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
前立腺がんが増えている(2009年10月20日)
前立腺がんのPSA検査(2009年10月20日)
前立腺がんの治療(2009年10月20日)
前立腺がんの原因と予防(2009年10月20日)