Top > 前立腺がんの原因と予防

前立腺がんの原因と予防

前立腺がんは、原因が未だ明確でないため予防法もはっきりしません。ただし、疫学的な観点から、若いころよリ動物性脂肪の摂取を少なくし、緑黄色野菜を多くとるのがよいと考えられています。伝統的な日本食がよいわけです。

前立腺がんの確立したリスク要因は、年齢(高齢者)、人種(黒人)、前立腺がん家族歴とされています。動物実験などから、アンドロゲンが前立腺がん発生に重要な役割を果たしているのではないかと考えられてきましたが、現在のところ、疫学研究ではこの仮説に一致する結果は得られていません。最近では、IGF-1によってリスクが高くなる可能性が指摘されています。

食事・栄養素に関しても、現状では確立された要因はありませんが、リスク要因として脂質、乳製品、カルシウム、予防要因として野菜・果物、カロテノイド(なかでもリコペン)、ビタミンE、セレン、ビタミンD、イソフラボンなどが候補に挙げられています。喫煙、体格、アルコール、身体活動についても、関連の可能性が探られています。

 

 手元供養  産み分け  雑学情報ブログ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
前立腺がんが増えている(2009年10月20日)
前立腺がんのPSA検査(2009年10月20日)
前立腺がんの治療(2009年10月20日)
前立腺がんの原因と予防(2009年10月20日)